日々、アニメ

アニメ、ラノベ、ライブなどの感想です

読書

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を / 岡崎琢磨 著

図書館で借りてきた1冊

◆ラノベ感想
最後まで騙されたが、それ以上に
この著者は、推理や京都よりも「コーヒーについて書きたい」のだなと感じた。



異世界食堂 4

異世界食堂 4 / 犬塚惇平 著

図書館で借りてきた1冊

◆ラノベ感想
今回も旨そうな一冊だったな。
特にフライドチキンが旨そうだった。

あの店で購入する以外、食べたことが無いので洋食店のフライドチキンってどんな感じなのだろう?

ただ思うのは、キャラの顔、紹介文(挿絵)が欲しいのと
各話の最後の「100年後~」、「のちに~と呼ばれる」などの締め方は、少し飽きたな。




マージナル 6

マージナル 6 / 神埼紫電 著

図書館で借りてきた1冊

◆ラノベ感想
「マージナル」も今回で最終巻。

全巻読んだ感想としては、「なんとか完結させた?」
最終巻は主人公があまり登場しないスピンオフの上下巻だったし、
何か狙った所と全く違う場所に着地した様に思えた。

受賞した1巻が1番面白かったな。




探偵はフェイクを見抜く

探偵はフェイクを見抜く / 樹のえる 著

図書館で借りてきた1冊

◆ラノベ感想
1クールの連続の刑事ドラマの最終3話のみを見た感じだった。

怪しい登場人物は怪しく、裏がある登場人物も当然裏の顔を持っている。

「まぁ、そうだよね。(予想通りでないと話が終わらないしね。)」と言う感じだった。

ただ、登場した政治家の外国人への考えは、正直同意だ。

今度の選挙で同じ考えの候補者がいたら1票入れそうだ。





数字で救う!弱小国家 3

数字で救う!弱小国家 3 幸せになれる確率を求めよ。ただしあなたの過去は変わらないものとする。 / 長田信織 著

図書館で借りてきた1冊

◆ラノベ感想
あとがきにもあったが「映画の3部作の3部が終わった」と言うのは、言い得て妙だったな。
読み終えたときに同じ事を思った。

流行の、異世界に行き活躍する"なろう"系かと思ったが、
主人公の活躍より、もう完全に忘れている高校まで習った数学って「こう言う使い方ができるのだな。」と感じた。

ただ数学の知識を披露するだけだったら、2巻ぐらいでお腹一杯だったが
一貫して祖父とのやりとり"おっぱい関数"があったのが興味と言うか読み続けるきっかけになった。




記事検索
プロフィール

日々、アニメ

アニメ、ライブ、ゲームの感想です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ