日々、アニメ

アニメ、ラノベ、ライブなどの感想です

2017年05月

ゼロから始める魔法の書 第8話 感想

ゼロから始める魔法の書 第8話 「ソーレナの孫娘」の感想

第8話の感想
すっかり騙されたな。
まさか女の子だったとは。
てっきり、声変わり前の少年だと思っていた。

ホルデム。狼の獣堕ち。
初登場の時とはうってかわっていい人だったな。



エロマンガ先生 第8話 感想

エロマンガ先生 第8話「夢見る紗霧と夏花火」 の感想

第8話の感想
なんか見たことがある姉妹と、キャラが出ていたな。
同じ作者だからおかしくは無いが、あの3キャラはよく出てくれたな。

山田エルフ。
20歳前後でもう少し体型が良ければ、理想的なヒロインだが
「山田エルフ姉さん」と書くと、30過ぎの女性芸人のように思えるな。




Re:CREATORS(レクリエイターズ) 第8話 感想

Re:CREATORS(レクリエイターズ) 第8話「わたしにできるすべてのこと」の感想

第8話の感想
魔法少女モノでのグロい展開も珍しくは無くなったが、まみかがもうやられるとは。

アルタイルまでたどり着いたが、「二次創作であるが、その設定は原作とは全く異なる。」と。
そんなやり放題、後付けの設定が認知されるキャラクターはあり得るか?




アイドルマスター シンデレラガールズ 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!

今日、「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」のライブビューイングに行ってきた。

今回は、石川公演の2日目。
1日目に続いての参加だ。

ライブビューイングも会場限定グッズ、CDが購入できない以外は概ね満足だ。

在り来たりだが感想を書こう。

【2日目】
1日目に比べると、緊張が解けたのか大分くだけた感じがあった。
1日目に無かった出演者を背後から映したの映像が、サイリウムや会場の広さが分かり良かった。
演出が少し変わったらしいがセットリストは1日目と同じだった。

【気になる】
2日目になりセットリストが分かっているので1日目よりは落ち着いて見れた。

こう落ち着いてみると目につく、目で追ってしまう、見てしまう出演者がいたな。

向井拓海役の原優子さん
龍崎薫役の春瀬なつみさん

原優子さんは、演じるキャラから「何かするのでは?」と言う期待から
春瀬なつみさんは、体型は小柄だがダンスや振り付けに目がいった。
隣に他の出演者が立つと同じ振り付けでも足を上げる高さなどが全く違い、「この人は、ちょっと違う。」と感じた。
(ダンスや振り付けが上手いのではなく、1つ1つがしっかり丁寧にやっていると感じた。)

2人ともユニット曲が先に発売され、ソロ曲は未発表。
早くソロ曲が発売されないかな。


次は大阪公演。
これもライブビューイングでの参加だ。




ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝参 黄昏の竜騎士伝説編

ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり 外伝参 黄昏の竜騎士伝説編 /柳内たくみ 著

図書館で借りてきた1冊。
やっと借りられた。

◆ラノベ感想
エルフのテュカがメインの一冊だった。

エルフ(男)のイメージとしては、知的、真面目のイメージがあるが、
テュカの父ホドリューはイメージがガラッと変わった。

ココモ。
メイドと言う立場であまり活躍はしなかったが、ケンタウロスの夜伽の相手ができる。相手が絶賛する。
ケンタウロスって下半身は馬だろう。
なんか凄いキャラだった。

「ゲート 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり」もそろそろ全巻読み終える。
読み思ったのが、この話の進め方は作者が意識して書いているのかね。

盛り上がるのだけれども、最後があっさり終わる。
「最後どうなった?」と言う部分が毎回、あっさり終わる。

桃太郎で例えるなら、桃太郎の出生、犬、猿、雉との出会いは事細かく書かれているが
鬼が島に付き、戦闘シーンはなく次のページで勝利し"めでたしめでたし"と終わっている

今回は、あっさりと一決闘から逃げてきた。
もう少し「その後の部分」が読みたかった。







記事検索
プロフィール

日々、アニメ

アニメ、ライブ、ゲームの感想です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ