日々、アニメ

アニメ、ラノベ、ライブなどの感想です

2016年07月

茅原実里 LIVE 2016 "SUMMER DREAM4"

さて、今年も「茅原実里 LIVE 2016 "SUMMER DREAM4"」が開催される。

毎年、8月1、2日というイメージがある為か、今年の8月6、7日という開催が少し遅く感じる。

2009年の “SUMMER CAMP”からはじまり、名前が"SUMMER DREAM"に変わって、
もう8年目。

全公演皆勤ではないが、毎年参加する、同じ人の同じ会場のライブは、
この"SUMMER DREAM"だけだ。

正直、夏のこの暑さの中の野外ライブで「毎年、今回が最後だろう?」と思っている。

会場は河口湖ステラシアター。
都内よりは気温は低いが、涼しくはない。
野外で、周りは森林と運動場だけで、ひたすら開演までじっと待つしかない。

出店で販売される桃の旨さ以外は
行くのも大変。開演まで待つのも大変。帰ってくるのも大変。
という三重苦だ。

その為、以前は都内、関西からのバスツアーもあったが、3、4年ぐらい前から開催されず、
毎年の帰りの富士急行は参加者で死屍累々という感じだ。


毎回、"祭り"、"サーフィン"、"サンバ"、"野球"などのテーマがあり、パネルが飾られる。
今年もそれを撮影するのも一つの楽しみだ。
※写真は、過去4年のパネル。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 6

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 8

最後に、
毎年思うのだが、「このパネル」を物販で販売してほしい。
持ちかえりは厳しいが、後日郵送なら、1万5千ぐらいまでは出せる。


次の更新は、ライブ後だな。







ポケモンGO

"ポケモンGO"をやってみた感想。

「まぁ、散歩やウォーキングのお供には良いんじゃない?」

年齢的には、初代ポケモンにハマった世代だが、開始10分で「面倒くさい!」という理由で
やってはこなかった。

持っている知識としては、モンスターをボールを投げて捕まえる。
レベルを上げ、相手のモンスターと戦わせ、大会に優勝する。
まだアニメが続いていて、毎年映画化されているぐらい。

名前は勿論のこと、その強弱、レベルの上げ方も知らないことが前提で始めた。

先に配信された海外でのニュースを見て
現実で、野良犬や野良猫を見つけるぐらいの出現率(だから捕まえたときに喜びが大きい)と思っていたら
1キロも歩かないうちにワラワラと。

出勤中、駅から会社までで5,6体は毎日明らかに「おまえは弱いだろ?」と思うモンスターを捕まえた。
アニメで出ているピカチュウをはじめとするモンスターは本当に捕まえられるのか?と思っている。

また、ポケストップ。
あれは、何が基準なんだ?
駅や公園、東京タワーやスカイツリーなどの観光地は目印になるが、近所の八百屋が表示された時は
スマフォのGPSが誤作動を起こしたと思った。


多分、面白くなるのはみんなが飽きだした後だろうな。
今は、あちらこちらでスマフォを片手に大勢が歩いている。
これが少なくなり、ポケモンジムが閑散としてきた頃に、近所から手当たり次第ジムを占拠していくのが
楽しいだろうな。

ただ、ドラクエ9のすれ違い通信よりは、外でゲームをやる楽しみはないな。







ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 メルダ・ディッツ

ヤマトガールズコレクション 宇宙戦艦ヤマト2199 メルダ・ディッツ (パイロットスーツVer.)

購入し、そのままにしておいたのが部屋を掃除したら出てきたので撮影。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


両腕の交換パーツを、別顔パーツがついていた。

よくよく考えると、メルダよりも新見 薫のほうが好きだし、肌の色がな・・・
(RPGでも弓が得意な色白のエルフ、魔法が得意な黒エルフは気にはならないが、
青色のエルフはどうも苦手だ。)



レガリア The Three Sacred Stars 第4話 感想

レガリア The Three Sacred Stars 第4話「虚勢」の感想。

感想というか、すごい状態になったね。
第4話でいったん終了。

公式HPを見たら、
「7月より放送して参りました当作品ですが、既に放送・配信している話数において、本来意図していたクオリティと相違があることを強く認識致しました。
この相違は、現在の制作体制の中で解消をする事が難しく、いま一度、制作体制およびスケジュールを仕切りなおし、きちんとした形で視聴者の皆様に作品をお届けしたいという、制作サイドの意向を受け、下記の対応を取らせて頂くことにいたしました。」と書いてあった。

災害やスポーツ中継で放送時間が変更されたり、1週間ずれたりは今までみてきたアニメでもあったが
こんなにはっきりと仕切り直しがあったのは初めてだ。

ファンの方には悪いが、個人的には「良いんじゃない?」という思いだ。
週に朝から深夜まで合わせて4、50本はアニメは放送されているし、
見ているだけでも20本近くある。

1本ぐらいは、こういう決断をしてもよいと思う。
多分、このまま続けていたら「なんかよく分からない美少女、ロボットアニメだったな。」という感想だったろう。
逆に、9月からの放送が楽しみになった。




タブー・タトゥー 第4話 感想

タブー・タトゥー 第4話 「距離」の感想。

リサ対イルの戦闘とリサの奪還準備回。

「うーん・・・。まぁ、そういう展開だよな。」という感想。
異能力系のアニメでは過去にもあったような展開だ。

武術を習っているから、修行する話も必要ないし、
ヒロインが拉致され助けに行くのにはまだ早い。

呪文を起動させる媒体は、チョーク、口紅と珍しいが、
なんだろう?この古臭さは?
10年ぐらい前のアニメを見ている感じだ。

ここ最近では当たり前になった金髪巨乳のキャラや、不必要に服が破け裸になるシーンがないからか?






記事検索
プロフィール

日々、アニメ

アニメ、ライブ、ゲームの感想です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ