日々、アニメ

アニメ、ラノベ、ライブなどの感想です

2015年09月

戦姫絶唱シンフォギアGX 感想

戦姫絶唱シンフォギアGX」の感想。

7月から始まったアニメで2年ぶりの3期。
「戦姫絶唱シンフォギアG」に続く話で、響・翼・クリスの3人に
2期で加わったマリア・調、切歌が味方として出てくる。

錬金術師・キャロルと自動人形たちが敵対し、
途中、シンフォギアが使えなくなったり、響の父親が出てきたり(響の家庭の問題があったり)。
最後は、強化型シンフォギア「イグナイトモジュール」を使い、誰も欠けることなく終演。


感想としては、「もう良く分からない。」
シンフォギア装着後も等身大だったり、手に持てる刀や銃なら違和感はないが、
今期、最終話で巨大な拳のギアを装着したり。
調と切歌が合体して巨大ロボットのように操縦したり。
「シンフォギアって1期ではどういう設定だったけ?」と思ってしまった。

また、3期は全話でカップリングも含めると何曲あったのだろう?
今回もOP、EDに加えキャラソンと多数発売されたが
もう、アニメの設定として歌が必要なのか?CDを発売する為にアニメを作ったのか?
どちらなのか?と思ってしまう。


それにしても「戦姫絶唱シンフォギア」はフィギュア化が進まないな。
ねんどろいど、figma、あと雪音クリスのバニーガールVerぐらいしか出ていない。
あんな水着に近い格好なのに。





Charlotte(シャーロット) 感想

Charlotte(シャーロット) の感想。

7月から始まったアニメで先日、最終回を迎えた。
いわゆる超能力モノで最後は駆け足で終わった。

主人公は「5秒間だけ任意の対象の体を乗っ取る」という能力を持ち、
優等生として生活していたが、実際はカンニングをしていたとばれてしまう。
同様に能力を持つ生徒会のメンバーと能力者を探す。

こんな感じで始まり、学校、市内など狭い範囲の高校生活を中心のストーリーだと思ったら
"妹の事故"より一転。

実際の能力が分かり、タイムリープしたり。

12話で国内での騒動が終わり、次週から「海外へ(しかも帰ってくるというフラグを立てて。)」
と13話を期待していたが、駆け足で終わり。

あと3回、または13話のみ1時間などもう少し細かく、
最後の能力者の少女はあれで1話あっても良かったのでは?と思う。



がっこうぐらし! 感想

がっこうぐらし!」の感想。

7月からはじまったアニメで可愛らしい絵の感じから"ひだまりスケッチ"や"ゆるゆり"のような日常系、
しかも男性キャラの出ない在り来たりなアニメだと思っていた。

タイトル通りで学校で暮らす(学校から帰らない)ぐらいのアニメで、
合わなければ数話見て見続けるか考えていたが、最終話まで見続けた。

全く騙された。
最初は、他の生徒がいなく1人のシーンや少しずつ汚れ机や椅子が乱れた教室が出てきて
「ゆきの妄想」や被災かと思ったが、実際は"HIGHSCHOOL OF THE DEAD"と同じゾンビもの。

銃や剣で戦うよりは、バリケードを作り侵入させず、隠れ住む感じ。
("遠足"と称して車で出かける話もあったが。)

ただ、普通の学校にシャワーや十分な保存食、ワクチン、発電施設は
無いだろうと思った。


最後に、"めぐねえ(先生)"には本当に騙された。
5人全員最終話まで生き残る、先生という立場的に生徒を守るために途中でいなくなるとは予想したが
最初から亡くなっていたとは。




六花の勇者 感想

六花の勇者」 感想。

7月から始まったアニメで、先日最終話を迎えた。
魔神復活を阻止する為に6人の勇者が集まるはずだったが、1人多く7人目が現れた。
「偽物は誰?」というストーリー。

感想としては、偽物が全く分からなかった。

1話進むごとに1、2人と現れて5話目で7人目が登場。
偽物探しも金田一やコナンのように1、2週で終わるかと思ったら、そのまま最終話まで持ち込んだ。

結果、偽物は"ナッシェタニア"
1番早くに登場した他のアニメではヒロインの立ち位置の兎のお姉ちゃん。

元々偽物だったのか、裏切ったのか、入れ替わっていたのかは分からなかったが、
博愛主義を拗らせた様な理由だった。

個人的には、必要以上に主人公を疑っていたモーラが怪しかった。


ここで終われば、何てことのない1クールの作品だったが、
最終話の終盤に、また7人目が現れた。
今度は牛のお姉ちゃん。

2期もだが、後もう1回ぐらいは、「7人目が現れました。」でアニメができそうだ。




モンスター娘のいる日常 感想

モンスター娘のいる日常」の感想。

7月から始まったアニメで、ラミア(半人半蛇)、パーピー、ケンタウロス、人魚などが出てくるアニメ。
交換留学生として来て、一緒に暮らす。というストーリー。
原作コミックの6巻までの話で今期は終了。

感想としては、ひと段落。

2期も期待したいが、そもそも原作があまり進んでいない。(現在は8巻まで発売中。)
グッズ展開(フィギュア化)もあまり期待できない。

最近は「そんなキャラまでフィギュア化?」とというイメージがあるが
体の半分は蛇や馬だからな、購入する/しないがはっきり分かれるだろう。

それでも夏のコミケで「7m等身大ミーア巻き枕カバー」が発売され完売。
値段もさることながら、半分以上が、鱗模様。
好きな人はやっぱり好きなのだろう。

個人的には、まだ赤系の鱗だからそんなに嫌悪感は無いが、
緑、黒系の色だったら、アニメでもキツイ。




記事検索
プロフィール

日々、アニメ

アニメ、ライブ、ゲームの感想です。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ