"ポケモンGO"をやってみた感想。

「まぁ、散歩やウォーキングのお供には良いんじゃない?」

年齢的には、初代ポケモンにハマった世代だが、開始10分で「面倒くさい!」という理由で
やってはこなかった。

持っている知識としては、モンスターをボールを投げて捕まえる。
レベルを上げ、相手のモンスターと戦わせ、大会に優勝する。
まだアニメが続いていて、毎年映画化されているぐらい。

名前は勿論のこと、その強弱、レベルの上げ方も知らないことが前提で始めた。

先に配信された海外でのニュースを見て
現実で、野良犬や野良猫を見つけるぐらいの出現率(だから捕まえたときに喜びが大きい)と思っていたら
1キロも歩かないうちにワラワラと。

出勤中、駅から会社までで5,6体は毎日明らかに「おまえは弱いだろ?」と思うモンスターを捕まえた。
アニメで出ているピカチュウをはじめとするモンスターは本当に捕まえられるのか?と思っている。

また、ポケストップ。
あれは、何が基準なんだ?
駅や公園、東京タワーやスカイツリーなどの観光地は目印になるが、近所の八百屋が表示された時は
スマフォのGPSが誤作動を起こしたと思った。


多分、面白くなるのはみんなが飽きだした後だろうな。
今は、あちらこちらでスマフォを片手に大勢が歩いている。
これが少なくなり、ポケモンジムが閑散としてきた頃に、近所から手当たり次第ジムを占拠していくのが
楽しいだろうな。

ただ、ドラクエ9のすれ違い通信よりは、外でゲームをやる楽しみはないな。